ジャンクS6を分解して修理しよう その1

いつだったか、ジャンク品として転がっていたS6くん(SM-G920F)をなんとなく入手。

電源が入らない、他未チェックということだったのでknoxカウンタとかカメラとかどうだろうと思ってました。ということで分解レポを書いていこうかなと。

続くかもしれないので分割します。

準備

まず準備として、リペアツール。背面剥がしとかねじ回したりコネクタとったりするのに使う。

手持ちリペアツールだと歯が立たなかったので、Amazonで先日買いました。

今回買ったリペアツールはこちらです。
あ、アフィやってないので安心して飛べます。

これの良かった点としたら、他のやつだとプラ製のみとかですが、ステンレス製のヤツ(雑)があったのが個人的にプラスポイントでした。
箱はまぁ中華クオリティだなぁとは思いましたが、その中にペンシルケースみたいな袋が入っていて、その中に工具がごちゃごちゃと。ペンシルケースみたいな袋は悪くない。デザインも至って普通。

マイナスポイントとして、まぁどのリペアツールにも言えることだけど

「吸盤」

やっぱこれだめだね。少し変形してたし弱かった…(S6背面ガラスには)

あ、あと忘れてはいけないものとして、ドライヤー。粘着テープを温めるのに必須。
ホットガンあるならそっちのほうが効率いいですよ。持ってないのでドライヤーでやりました。

実践

んでS6背面は何で剥がしたかって、まぁステンレス製の細いヘラです。

先にドライヤー当ててアッチッチにしてから吸盤で少し引っ張りつつ、ヘラをグイっと隙間に入れましょう。隙間があかない場合(私の場合そうでした)、なんかクオカードみたいなのでガリガリ隙間作るといいですよ。そしたらグイっと入りました。

力入れすぎると背面が割れたり基盤損傷の恐れがあるので少しずつゆっくりと剥がしていきます。

USB端子部分は粘着が分岐して2本になっているので少し奥に入れて剥がしましょう。

はいこんな感じです。

あ、これ右上見たらわかるけどNFC/Qi充電フレキやっちゃいました…。まぁ使わないからいいようん。
もし売るならニコイチするなりしてそこだけ…え?別個体買ったほうがはやい?わかる。

見切れててアレですが、下のUSB部分外周とその手前に一本分岐してる粘着テープがありますね。そこ気をつけて剥がさないと背面割れます。まあ割れたらAliexpressでポチー

見えるネジは数本ですが、粘着テープの下に隠しネジがあるので粘着テープを剥がしましょう。

こう、基盤とかが丸見えに。

とりあえず危ないのでバッテリーをコネクタ外してから、剥がしましょう。

バッテリーもかなり粘着強いのでゆっくり傷つけないように剥がします。爆発したら危ないからね。

USB基盤を除いた状態でのS6基盤です。これに色々詰まってると思うと、すごいなぁ(小並感)

一応現状動くのですが、バッテリーつけると動かない謎仕様なので原因究明しつつ互換バッテリーへ交換しようと思ってます。

そんな記事を内容に次回書いていこうと思っています。


参考にしたサイト

シェアする